トップ > 塗膜の劣化

塗膜の劣化

 塗装には建物などの被塗物を劣化から守る保護機能があります。
しかし塗膜の保護機能も徐々に劣化していくため、定期的なメンテナンスが必要になります。

塗膜の劣化を進行させる要因 太陽光線(紫外線)、降雨、降雪、排気ガス、粉塵、かび、藻、苔など

塗膜の状態
1.光沢の低下
同一の建物の外壁。
ウレタン塗料で塗り替え、ちょうど7年経過。(クリックで拡大)
2.色の変色
3.チョーキング(白亜化)
チョーキングとは、塗膜が劣化し、
塗膜表面が粉状になっていく初期の劣化現象。(クリックで拡大)

以上の現象が一部に出ている程度なら、塗膜の性能はまだ健全の部類といえます。

この段階での塗り替えは、やや早く不経済だと思いますが、あまりひどくならないうちに塗り替えを考慮しましょう。

4.かび、藻、苔、エフロ等発生
カビ、藻の付着により美観が損なわれている。
北面や湿気のある場所に発生しやすい。(クリックで拡大)
5.鉄部のサビ
赤さびは、鉄が水分や空気中の酸素と反応して
酸化鉄となる現象です。(クリックで拡大)

さび発生については早めの点検が必要。
鉄部や木部等は外壁と同じサイクルの塗り替えでは無理があるので、部位的に早期な塗り替えも考慮しましょう。

6.塗膜、下地、シーリング等の
ひび割れ、膨れ、浮き

ひび割れは放置すると炭酸ガスや水の浸入により
モルタル、コンクリートの中性化を促進し漏水の原因になります
(クリックで拡大)
7.塗膜のはがれ